« 2002年4月 | トップページ | 2002年6月 »

2002年5月

2002年5月 1日 (水)

Vol.37 『運転は、潜在意識に自動操縦させる。』

自動車の運転を覚えるときも、私たちは潜在意識を訓練する。潜在意識を一度訓練してしまえば、車を運転しながら、人と話をしたり、ハンバーガーを食べたり、仕事上の問題について考えたり、ラジオを聴いていっしょに歌ったりすることもできる。たとえほかの活動をしていても、運転は潜在意識が自動的に担当している(そうでないと困る)からだ。財務諸表を読む場合も同じことが起こり得る。

『金持ち父さんの投資ガイド入門編』 
ロバート・キヨサキ 著 筑摩書房 p.234より引用

 クライアント先で経営ミーティングを行う際、私はよく「キャッシュフロー思考回路を 脳に刷り込みましょう」とお話しし、全スタッフにそのための演習を行ってもらいます。これは、単に今の経営状況についての知識や情報をお知らせする以上の意味があります。私のミッションは、クライアントのビジョンを実現させることであり、そのためには経営者はもちろんのこと、全スタッフにキャッシュフロー思考回路を植え付けることが必要だと考えています。ちなみに、キャッシュフロー思考回路とは、「自分がやりたいことを実現させるために、お金の入りと出のバランスや枠組みをコントロールする考え方」です。

 私は社会人になってしばらくの間、財務や数字の計算は大の苦手でした。これは、理屈ではなく「好き嫌い」という感情的な次元で、脳が受け付けないような感じでした。しかし、コンサルタントという立場上そうも言っておれず、諸先輩方のご指導のおかげでそれを克服することができました。今では、「このビジネスの収支は、長期的にトータルで見たらどうなるか」「この1つの行動で、同時に3つ以上の成果をあげる(一石三鳥?)ことはできないか?」「ここで損した分を、これからどうやって挽回しようか」ということを、潜在意識が勝手にカタカタ動き出して考えてくれます。

 また、時間管理も同じことが言えます。たとえば、20日後に重要なお客さまにアポが入ったとします。すると、その場でスケジュール帳を開き、20日後の予定を確保すると同時に、その2日前に確認のTELを入れる予定、さらにその1週間前には本のプレゼントを送る予定、そして今日このあとお礼状を送ろう、というような流れを逆算思考で考え、書き込んでいきます。一度書いてしまえば、あとは忘れてしまっても、その日になればスケジュール帳が秘書のごとく知らせてくれますから、私はその通りに動けばOKです。これは1つの例ですが、潜在意識が自動的にそのように発想し、導いてくれるので、私はその上で創造的なアイデアを考えることに注力できるのです。
 なるべく潜在意識に働いてもらって、ラクをしたいと思いませんか?

|

Vol.37 『語尾を"言い切る"と、覚悟が生まれる。 』

 人の話を聞いていると、説得力のある人とそうでない人がいます。本人がせっかくやる気になっていても、それが100%相手に伝わらないとき、何か原因があるはずです。 そこで、両者の違いがどこにあるのかな、とよく聞いていると『語尾の使い方』にあることに気がつきました。
 語尾を「言い切る人」と、「濁す人」がいます。たとえば、何かアクションを起こすことを宣言するとき。

●言い切る人⇒ 「私は今月、書き出した計画の全てを実践し、必ず目標を達成します」
●濁す人  ⇒ 「私は今月、なるべく計画通り行い、目標達成に向けてがんばります

 言い切るのは、リスクがあります。それを言った手前「やれなかった場合にどうしようか」と連想してしまいます。だから、多くの人は言い切ることをせずに、「・・・できるよう、がんばります」「できれば・・・」「・・・しようと思います」という風に語尾を濁します。私自身も結構、無意識のうちに使っているようです。

 確かに、お客さまに無謀な約束をして破ってしまえば、信用に関わりますし、友人や知人に対してもいい加減なことを口にすることはまずいと思います。だから、私たちは無意識のうちに無難な言葉を選んでしまいますよね。特に、真面目な人ほどその傾向がみられます。

  しかし、言葉は大切です。口癖のように言っていることが、実は自分に言い聞かせている呪文のような効果を果たす場合があります。特に「できれば・・・」「なるべく・・・」などの言葉には、隠れた言葉があるから要注意です。

● 「できれば・・・」⇒「きっとできないと思うけど、できれば・・・」
● 「なるべく・・・」⇒「全部は無理だと思うけど、なるべく・・・」

というマイナスの言葉が隠れているのです。それを何度も言っているうちに、本当に「きっとできない」と思い込んでいるとしたら、バカバカしいと思いませんか?

|

今月の本棚 【2002年4月】

1)「哲学」
島田紳助 松本人志 著/幻冬舎

やっぱり、どの世界の人であれ一流の人はモノの見方が一味違いますね。

2)「ほめ芸王」
中谷彰宏 著/PARCO出版

誉めるところをいくらでも見つけられる人って力的ですよね。 具体的に誉めることも1つの才能。コミュニケーション社会の今、必要ですね。

3)「勝てば官軍」
藤田田 著/KKベストセラーズ

やはり、藤田さんの発想はスゴイ。彼は究極のキャッシュフロー思考回路を持つ商人ですね。

4)「金持ち父さんの投資ガイド上級編」
ロバート・キヨサキ 著/筑摩書房

ちょっと難しいけど、この発想は重みがあります。

5)「金持ち父さんの投資ガイド入門編」
ロバート・キヨサキ 著/筑摩書房

金持ち父さんになるための心構えとは、言い換えれば相応の思考パターンを脳に刷り込むことのようだ。何回も読みこなさなくては・・・。

6)「コーチングの思考技術」
ハーバード・ビジネス・レビューブックス/ダイヤモンド社

7)「ザ・ゴール2 思考プロセス」
エリヤフ・ゴールドラット 著/ダイヤモンド社

8)「サービスが感動に変わる時」
渡邉美樹 著/中経出版

感動を生むサービス、怒りを買うサービスが具体的に理解できる。サービス業必読の書。

9)「カエルを食べてしまえ!」
ブライアン・トレーシー 著/ダイヤモンド社

人の感情面をよく理解し尽くした著者ならではの賢い時間管理のコツが参考になる。

10)「2003年、日本国破産(警告編)」
浅井隆 著/第二海援隊

ほんの数十年前に、徳政令でお金が紙くずになった事実があることを、どれだけの人が今知っているのだろう?

11)「2003年、日本国破産(対策編)」
浅井隆 著/第二海援隊

12)「文明と経済の衝突」
村山節 浅井隆 著/第二海援隊

13)「8つの情報収集法」
浅井隆 著/第二海援隊

レポート、セミナー、その他様々な形を通しての情報信を習慣化すると、ますます情報は集まってくることがよく分かる

14)「神経言語プログラミング」
リチャード・バンドラー 著/東京図書

15)「宇宙の根っこにつながる瞑想法」
天外伺朗 著/飛鳥新社

16)「フリーエージェント社会の到来」
ダニエル・ピンク 著/ダイヤモンド社

これから日本でも、新しいタイプのフリーランスが増えることを予感させる。

17)「お金持ちになる人の20代からの習慣」
伊藤正雄 著/中経出版

ライフプランをもとに、お金とどう付き合えば良いかを考えるヒントになる。

18)「もしもウサギにコーチがいたら」
伊藤守 著/大和書房

ウサギと亀の物語を利用して、コーチングの価値を分かり易く伝えている。

19)「ライオンは眠れない」
サミュエル・ライダー 著/実業之日本社

私たち日本人が近い将来に直面する衝撃を物語として客観的にイメージできる。危機意識を持ちつつ、前向きに生きていくことを促す本。

20)「巨泉 人生の選択」
大橋巨泉 著/講談社

豊かな生き方の具体的なモデルを見つけるのに良い本。

|

« 2002年4月 | トップページ | 2002年6月 »