« 今月の本棚 【2002年2月】 | トップページ | Vol.35 『信じられないような素晴らしいアイデアが目の前をよぎる。』 »

2002年3月 1日 (金)

Vol.35 『ビジネスの成功公式を持つ。』

 ビジネスに限らず、何かを上手く成功させたい時に、自分なりの公式というか枠組みを持っておくと、力の入れどころや入れ具合いがはっきりすることがあります。こういうものは、厳密に正誤を問わず、おおよそ本人が納得できれば良いでしょう。

 ちなみに私にも、ビジネスの成功公式があります。それは、

ビジネスの成功 = 考え方 × ビジョンの明確さ × 行動力

というものです。つまり、成功につながる考え方と、その成功のビジョンが明確になっていること、そしてそれに向けての行動力があることが掛け算になっているということです。

 少し解説しますね。
 なぜ足し算ではなく、掛け算なのか?それは、どれか1つでもマイナスになっていると、結果は「大失敗」になるからです。例えば、いくらビジョンが明確で行動力があっても、考え方がもの凄くマイナス思考で、犯罪を犯す方向の考え方をしていたら、決して成功するとは思えません。また、いくら考え方やビジョンの明確さが素晴らしく良くても、行動力がゼロであれば、結果もゼロです。だから、掛け算かなと思いました。

 考え方とは、ビジネスにおいては、理念や信条と言われるものです。どんなこだわりや信念を持って取り組むか、それが世の中のためになっている度合いがどれくらいか、ということです。ビジョンの明確さとは、「辿り着きたいゴールがフルカラーでイメージできるかどうか」ということです。行動力とは、「やるべきことがはっきりしたら、迷わず全力で走る」ということです。

 自分の体験を通して、また成功している人を見ていて、このような公式が頭に浮かびました。そして、私のコンサルタントとしての役割は、クライアントの「考え方」「ビジョンの明確さ」「行動力」のそれぞれにプラスの影響をおよぼし、成功に到達しやすくしてあげることだと考えたら、なんだか頭がスッキリしました。

|

« 今月の本棚 【2002年2月】 | トップページ | Vol.35 『信じられないような素晴らしいアイデアが目の前をよぎる。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事