« Vol.35 『ビジネスの成功公式を持つ。』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年3月】 »

2002年3月 1日 (金)

Vol.35 『信じられないような素晴らしいアイデアが目の前をよぎる。』

もし宇宙が信じられないような素晴らしいアイデアをくれるとして、きみはそれにふさわしいかね? <中略> きみはたぶん何十もの素晴らしいアイデアに、目の前を通り過ぎさせてしまっていると思うよ。新しい考えを受け入れるのは、簡単じゃない。実際、僕たちの文化では、"1つのことに集中している"のがよいとされているしね。僕たちはね、失敗するのを怖がりすぎて、それが宇宙からの贈り物だってことに気づこうとしないんだ。

『仕事は楽しいかね?』デイル・ドーテン 著 きこ書房 p.116より引用

 私は、1年ほど前にある本で知った「サクセスダイアリー」というものを毎日つけていま す。それは、どんな小さなことでも良いから自分が「成功だったよね」と思えることを書き留めておくというものです。なんとなく面白そうだなと思って書き始め、1年経ってみると、あることに気がつきました。それは、「以前よりも自分が成功したことやツイてると思えることを自覚しやすくなった」ということです。
 自分に起こる出来事は、解釈次第で、成功とも失敗とも見なせますよね。成功と見なす人のことを「肯定的な人」、失敗と見なす人を「否定的な人」といいます。どうせだったら、成功と受け止めた方が人生楽しいし、積極的になれるのだから、できることなら肯定的な考え方をしたいと私は思いました。1年経って気がつくと、それが習慣になっていました。

 この本に書いてあることも、同じことかなと思いました。自分が欲しいものをイメージし、考えつづけているからこそ、目の前をよぎる出来事をヒントに変えることができます。例えば、欲しいものを肯定的に考えつづけるAさんと、否定的で後ろ向きなBさんがいたとします。同じ出来事がAさんとBさんに起こっても、受け止め方は違いますね。

 私は最近、ある習慣を自分の「身につけたい小さな良い習慣リスト」に加えました。それは、「自分が欲しいものを得られるためのキーワードを、自分の脳の検索エンジンに入力すること」です。

 例えば、先月は「セミナーで目標通りの集客を実現する方法は?」「土俵際まで追い詰められたときの起死回生の挽回策は?」「ノウハウをパッケージするために必要なものは?」「日本の財政状況と今後の見通しを把握するには?」などのキーワードを脳に送り込みました。すると、本やセミナーや友人などいろんな機会を通して、その答えが次々と得られ始めました。その際のポイントは、「キーワードは具体的であるほど、具体的な答えが得られ易い」ということです。
 具体的なキーワード、具体的な質問をたくさん考えることに全力を絞りたいですね。

|

« Vol.35 『ビジネスの成功公式を持つ。』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年3月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事