« Vol.34 『強い"責任感"が組織の生産性を倍増させる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年2月】 »

2002年2月 1日 (金)

Vol.34 『知識労働者への動機づけは、ボランティアのごとく。』

もし宇宙が信じられないような素晴らしいアイデアをくれるとして、きみはそれにふさわしいかね? <中略> きみはたぶん何十もの素晴らしいアイデアに、目の前を通り過ぎさせてしまっていると思うよ。新しい考えを受け入れるのは、簡単じゃない。実際、僕たちの文化では、"1つのことに集中している"のがよいとされているしね。僕たちはね、失敗するのを怖がりすぎて、それが宇宙からの贈り物だってことに気づこうとしないんだ。

『マネジメント』P.F.ドラッカー 著 ダイヤモンド社 p.286より引用

 これからの知識労働者を組織化したいときのポイントは、まさにこれだなあと感じました。 私自身も自分に当てはめて考えたとき、いくら高い報酬を頂いても、その仕事自体が自分にとって動機づけになっていなければ、丁重にお断りする場合があります。それは、自分の果たすべきミッション(役割・使命)からズレているからです。

 一方で、ほとんど無報酬で働くことがあります。例えば昨年からコーチングのクラスリーダーを担当していて、月4回で各1時間を拘束されるのですが、これはタダ同然でやっています。事前に準備をしますから、実質的には月8~10時間くらい使うことになります。これだけの時間があれば、クライアントをもう1社増やすこともできるくらいです。
 これは、決してラクではありません。電話会議形式で20人が一度に参加して、顔が見えない状態で1時間のクラスを運営するのです。声だけでコミュニケーションをとるのは予想以上に大変でした。初めのうちは「リーダー、声がよく聞き取れません」「いつもの和仁さんらしくないですねぇ」など、いろんな指摘をされて、落ち込むこともありました。

 なぜ、そんな思いをしてまで、無報酬で働くのか?それは2つの理由がありました。

1)
レベルの高いクラスリーダー同士のコミュニティに加わっているという「所属欲」を満たされる

2)

クラスリーダー同士のトレーニングに参加することで、さらなるスキルアップ に挑戦できるという「向上欲」を満たされる

 このことに気付いたので、私は今後人に仕事を依頼するときは、なるべくこの2つを満たすことを意識したいなと思いました。

|

« Vol.34 『強い"責任感"が組織の生産性を倍増させる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年2月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事