« Vol.33 『たった1つの質問が、明暗を分ける。』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年1月】 »

2002年1月 1日 (火)

Vol.33 『自分の直感を信じてみる。』

直感を得るためのもうひとつのテクニックは、コインをはじいて出てきた結果に対し、どんな感情を抱くかを確認することです。コインを手に取り、表が出た場合に答えをイエスにするかノーにするか、事前に決めておきます。質問の内容について考えてから、コインを三度はじきます。それぞれイエスまたはノーの答えが出たとき、あなたがどのような感情を抱いているか、すぐ確認してください。ほっとしましたか?失望しましたか?勇気が湧いてきましたか?がっかりしましたか?不安になりましたか?いやな気分になりましたか?ワクワクしましたか?以上の感情は、あなたに語りかけてくる直感です。

(『人生の意味』 キャロル・アドリエンヌ 著  主婦の友社 p.190より引用 )

 私は最近、仕事でもプライベートでも、直感をもっと有効に活用したいなあと感じていました。なぜなら、全てのことを直感で判断できたら、相当なエネルギーと時間の節約になり、もっとたくさんのことをやれるからです。実際、プライベートで服を買いに行ったときに最終的に買うのは一番初めに「これ良いなあ!」と感じたものに落ち着くケースがほとんどです。また仕事でも、あれこれ悩んだ結果、最終決断は一番初めに思い浮かべた選択肢だったりします。初めに答えが出ているのに、なぜその後に膨大な時間をかけるかというと「その直感が間違っていないか」をじっくり検証し、後で後悔しないためだと思うのです。

 それならば、その直観力を磨くことができれば、検証をすっ飛ばしてどんどん次へ次へ走っていけることになりますよね。どうすればそれができるかなあ、と考えながらこの本を読んだところ、2つの視点で方法論があることが分かりました。

 1つは、「自分には直観力がある、ということを信じること」、そしてもう1つは、「自分の直感のもととなる信念・考え方を明確にすること」です。私の場合、後者については職業柄いつも考えているのですが、前者についての努力をしていないことに気付きました。   
そこで、以下のことをスタートしました。

「シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)・ダイアリーをつける」
偶然とは思えない出来事が起こった都度メモする。そして、週末にその意味あい (自分に何をもたらす出来事であったと考えられるか)を考える。

うまく事が進まない場合の障害、肉体が発する疲労感などのサイン、頭に浮かんだ重要と思えるアイデアやヒントなどを、気づいたらすぐにメモする。

この積み重ねが、私の直観力を磨いてくれることを期待しながら・・!

|

« Vol.33 『たった1つの質問が、明暗を分ける。』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年1月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事