« Vol.31 『ワンテンポ置かないだけで、周りが変わる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年11月】 »

2001年11月 1日 (木)

Vol.31 『自分からぶつかりにいくほうが、ぶつかられるより痛まない。』

同じぶつかり合うのでも、こちらから当たりにいくほうが相手に当たられるよりもよほど痛くないし、怪我もしないものなのです。」ラグビーに関しては私は素人で単なる熱心な観客のひとりにすぎないから、その結果がどう出てくるかはわからない。だが、それを聞いたとき、私はプロの経営コンサルタントとして「しめた、わが意を得たり。いいことを聞いた」と閃いたものである。人生を教えてもらったとも思った。「何事も自分からぶつかりにいくほうがぶつかられるよりは痛まないのだ」そのことを改めて思い知らされた。

『挑戦!夢があるからビジネスだ』 
堀紘一 著   プレジデント社 p.50より引用

 このことはスポーツをしていると実感することです。私は格闘技が好きなので、よくプロレスを見るのですが、レスラーが相手の頭に自分の頭をぶつける(頭突き)をしている姿をみて、不思議に思ったことがあります。明らかに頭突きをしている人よりも、されている方が痛そうなのです。次に反対のレスラーが頭突きをやり返すと、やはりやられた方が痛そうにしています。どちらかの頭が堅いなら、こんなことにはならない気がします。どちらが仕掛けようが、頭と頭がぶつかること自体は同じような気がするのに、「なぜ攻めている方は痛くなくて、受け手の方が痛そうなのかな~?」と思っていました。

 やっていることは同じなのに。

 日常生活や仕事においても同様のことが言える気がします。自分で仕事を作って、主体的に動いているときは疲れないのに、人にあれこれ指示された仕事はやけに疲れます。

 やっていることは同じなのに。

 これは今思えば、自分からぶつかりにいく時、心が積極的になっているからだと思います。ということは、「心の持ち方が、体に影響を及ぼしている」ということでしょうか。

 最近、私は目覚めた時にしていることがあります。「今日も、素晴らしい1日が始まるぞ。ガンガン行こう!」とつぶやくのです。そのせいか分かりませんが、最近とっても毎日が楽しいです。以前はムリをすると疲労で数日グッタリしていましたが、そういうことはなくなりました。言葉にしたことが心に影響を与え、体に良い影響を及ぼしている気がします。
 「積極的な心構えにすること」の大切さはいたる所で言われますよね。やはりこれは、楽しい人生を送るための重要なキーワードのような気がします。

|

« Vol.31 『ワンテンポ置かないだけで、周りが変わる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年11月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事