« Vol.30 『過去最大の苦労体験をレベル10として、 今のレベルを採点する。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年10月】 »

2001年10月 1日 (月)

Vol.30 『潜在意識にプラスのシャワーを浴びせる。』

私たちは生まれたから成人するまでの間に、普通の家庭に育った人で合計14万8千回、否定的な言葉を聞かされている。(中略)年齢を重ねるごとに、人生の台本はつくられ、自己イメージがつくられていく。他人から受け入れた言葉を吸収しているうちに、それを真実だと思い始めているうちに、潜在意識はそのように説得されてしまうのである。やがて、他人が自分に対してもっとも数多く言ったことを信じるようになる。なぜなら、私たちは心に描いた絵のとおりに生きるからだ。

(『なぜあの人はうまくいくのか』 シャド・ヘルムステッター 著  
きこ書房 p. 178より引用)

 この本を読んで、改めて自分自身を振り返ると実感することですが、これまでに数え切れないほどのマイナスのシャワーを浴びてきたような気がします。マイナスのシャワーとは否定的な言葉やニュース、可能性の限界を示唆するようなアドバイスなどです。「危ないからやめなさい」とか「まだ時期尚早だよ」とか。

 家に帰ってTVをつければ、気分が暗くなるようなニュースばかりですし、新聞を見ても、楽観論や前向きで建設的な意見はほとんど見つかりません。たまに出張の帰りに新幹線で週刊誌を買って読んでも、誰それの暴露話ばかりです。もっとも、私がお付き合いさせて頂いている方々が前向きな方達ばかりなので、皆さんとお話をしている間はプラスのシャワーを浴びることができます。その面で私はとても恵まれています。でも、普通にしていたら、膨大な量のマイナスのシャワーを五感を通して脳に送り込まれていると想像すると怖いものがあります。

 この本を読むと「脳は良し悪しの区別なく何でも吸収していく」そうですから、マイナスのシャワーを浴びつづければ、それが潜在意識に蓄積されます。潜在意識は無意識の世界であり、例えば自転車の運転が今では無意識でやれてしまうのと同じで、行動に影響し、結果に表れます。

 マイナスでいっぱいの潜在意識がどんな指令を出すかと言えば、おそらく「そんなに急がず、後でやろう」とか「やれたら良いけど、きっと無理だろう」「自分はそんな器ではない」というマイナス発想でしょう。それは挑戦的な行動を阻むことにつながり、良い結果が出せないのではないでしょうか。

 しかし、今日から意図的に潜在意識にプラスのシャワーをたくさん浴びせていったらどうなるでしょうか。マイナスのシャワーをひっくり返すくらいの量と頻度でプラスのシャワーを浴びせたら・・・?本を読んだり、尊敬する人に会ったり、講演を聴いたり・・・etc.。もしかすると、やりたいことをやるための方法を考えることに全エネルギーを注力するようになり、結果的にワクワクできる人生につながるような気がしませんか?

|

« Vol.30 『過去最大の苦労体験をレベル10として、 今のレベルを採点する。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年10月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事