« 2001年8月 | トップページ | 2001年10月 »

2001年9月

2001年9月 1日 (土)

Vol.29 『目標に向かって、加速して、加速して、加速する。』

加速をつけて、上に上がろうとするときに一番大切なことは、大きな目標を持つ。そして、その目標に近づく道標を必ずいくつも持つということです。そして、1つの地点、道標に到達したら、間髪入れず、すぐに次の地点に行こうとするのです。これが加速の法則です。普通、人は大きな目標を1つ持つことにしています。そして、それを達成すると、「温泉にでも行こうか」となってしまうのです。でも、それではせっかく上空に上った飛行機も失速してしまいます。そうではなくて、「ここまで来たら、すぐに次の所まで行こう」と考えるのです。そして、即、行動するのです。そうすると、あなたは失速することがありません。

(『変な人の書いた成功法則』 斎藤一人 著  
総合法令 p. 178より引用)

 この本にもありますが、私は自分の経験上、「成長し続けるためには、ゴールに到達する前に、次のゴールを設定し、勢いを止めないことが大切」だとずっと感じていました。私は、ゴールに到達すると、「ふ~っ」と一息入れてしまい、そこで勢いが止まってしまうことがよくありました。するとどうなるかと言うと、止まった状態から再び以前の勢いに自分を乗せるには、何倍ものエネルギーを要するのです。これは、大変です。まるで、大きな鉄球を転がそうと一生懸命押しているイメージです。勢いづいて転がっている時は、ちょいちょいと押していれば簡単に加速して転がっていくのですが、一度止まってしまうと、再び転がすには、かなりの力をかけないといけません。ピークの勢いに持っていくために、またイチから始めなければならず、エネルギー総量としては、ロスが大きい感じがします。

 このことに気づいてから、「これを場当たり的でなく、うまくコントロールできないだろうか」と考えました。それで、私が実践していることの1つは、

 『スケジュール帳に、予めその月の挑戦項目を書き込んでおく』

 というものです。私が使っているスケジュール帳は、1ヶ月の時間の使い方が見開きで把握できるようになっています。その上の余白に、その月に力を入れたいこと・挑戦したいことを3~5つ書き込みます。重要なポイントは、それを前倒しで書いていくことです。9月になってから9月のことを書くのでは、スタートダッシュができません。だから、例えば5月頃に思いついた場合でも、「これは9月にやろう」と決めて、9月のページに書き込むのです。そして、単発ではなく継続して行った方が良いことは、来月になっても続けるようにしています。その際のコツは、「難しいことと、簡単なことの両方を織り交ぜ、自分に達成感を与え易くすること」です。よかったら、試してみてくださいね。

|

Vol.29 『"ワクワク感"と"ナニクソ根性"は 両輪で、どちらも必要。』

 " ワクワク"というキーワードを最近よく耳にするようになりました。私自身も経営理念に折り込んでいるので敏感になっているのかも知れませんが、私の周りでは確実にそれを口にする人が増えています。これはおそらく、高度成長化時代の「ガンバリズム」から脱却し、サービス社会における「心の豊かさ」を求める人が増えてきたことの表れで、とても良いことだと思います。ただ、最近私自身に関しては、それだけでは不十分であることに気づきました。

 私自身が"ワクワク感"を強く意識し始めたのは、前の会社を辞めて独立してからです。サラリーマン時代はむしろ、"ナニクソ根性"がほとんどでした。何をやっても上手くいかない新人の頃はもちろんのこと、経験を重ねてからも、会社内外の諸先輩方に自分の未熟さを嫌というほど思い知らされたものです。もともと私は要領が悪い方なので、新しいことを始めると成果を出すのに時間がかかります。そのため、周りのプレッシャーや自分に対する苛立ちは毎日のように感じていました。そのときの"ナニクソ根性"を自分にとってプラスになる方向にぶつけ、瞬発力・行動力に変えていました。    そうは言うものの、やはりそれだけでは根負けしてしまうので、同時にビジョンを書き出して、「3年後はこうなっているんだ!」と"ワクワク"することを自分に言い聞かせて乗り切っていました。それがせめてもの励みでした。"ナニクソ根性"が9割という感じです。

 今はどうかというと、その頃とは逆です。自分が事業主である以上、上司も先輩もありませんので、やりたいことを好きなようにやれます。自分の意志で全てを決めることができるので、当然ながら"ワクワク感"が優先します。しかし時として、それが現状に満足して成長を停滞させる場合もあります。だからこそ、クライアントや友人・知人から指摘を頂いたときにはチャンスと捉え、"ナニクソ根性"につなげるように意識しています。

 瞬発力と持続力を高め、成長し続けるためには、「ワクワク感」と「ナニクソ根性」のバランスが大切なのかなと感じる今日この頃です。

|

« 2001年8月 | トップページ | 2001年10月 »