« Vol.28 『調子が悪いときは、基本をチェックする。』 | トップページ | Vol.29 『"ワクワク感"と"ナニクソ根性"は 両輪で、どちらも必要。』 »

2001年8月 1日 (水)

Vol.28 『リスクは、避けるのではなく管理する』

ハイ・リターン、ロー・リスクの投資をすることは可能だ。そのために必要なのは、どのようにしたらいいか、その方法を学ぶことだけだ。これはそれほどむずかしいことではない。実際のところ、自転車の載り方を覚えるのと同じくらい簡単だ。はじめは転んだりするが、しばらくすると転ばなくなり、何も考えなくても投資ができるようになる。(中略)リスクを避けるのではなく、管理する方法を学ぶことを私はお勧めする。リスクを自ら進んで背負う人が世界を変える。リスクをまったく背負わずに金持ちになった人はほとんどいない。

(『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』
 ロバート・キヨサキ 著  筑摩書房 p.63 より引用)

 安定と自由のどちらを求めるか。今の時代、安定を求めたくとも環境がそれを許してくれないところがあります。しかし、自由を求めるならばリスクを覚悟しなければいけませんよね。人は、そこで2つのタイプに分かれると思います。「リスクを避けて安定に戻るタイプ」と「リスクを覚悟しつつも、工夫してそれを最小限に抑えて突き進むタイプ」です。
 私は会社を辞めて独立することになったとき、収入の保証もなく、お金もほとんどありませんでした。ですからリスクは大きかったかも知れません。ただ、幸いにお金の流れの枠組みと時間管理の技術、そしてある程度の人脈がありました。そのお陰で、人が人を紹介してくださり、今までやってこれました。

 子供を育てるとき、危ないことに近づけないようにする様子はよく見かけます。しかし、あえて小さな失敗をさせて、二度と失敗しないようリスクを管理する方法を教える様子はあまり見かけません。親にとっては、子供はいつまでも子供なので、例え成人しても状況は変わりません。その証拠に多くの母親は、子供がリスクのあることに挑戦しようとすると、「そんな危ないことやめなさい」とは言っても、「それは是非どんどんおやりなさい」とは言わないようです。これは、身近な人である程、その傾向がありそうです。つまり、多くの場合、周りがストップをかけるのです。しかも、良かれと思ってそうします。
 そのことに気づいてから、私は何か新しい挑戦をするときには、こんなことをしています。

1.考えられるリスクを全て紙に書き出す。
2.それを最小化する手段を書き出す。
   (自分でやれることと、人の協力を求めること)  
3.優先順位づけをして、動き出す。

 リスクを管理することで、大胆な挑戦もできるのではないでしょうか。

|

« Vol.28 『調子が悪いときは、基本をチェックする。』 | トップページ | Vol.29 『"ワクワク感"と"ナニクソ根性"は 両輪で、どちらも必要。』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事