« 2001年6月 | トップページ | 2001年8月 »

2001年7月

2001年7月 1日 (日)

Vol.27 『アー・ユー・ハッピー?』

「アー・ユー・ハッピー?」ということばには、たぶん、「アー・ユー・ファイティング?」という意味が、隠れているのかもしれない。だから、めしがうまい、酒がうまい、家族が愛おしい・・・。これは、観客席にしがみついて、ことばの遊びだけでなんのかんの言ってるやつには、永遠にわからない歓びだろう。選手は予想なんかしない。勝ちたい、ハッピーになりたいと思うからこそ、試合にでているんだ。現役として。

(『アー・ユー・ハッピー?』 矢沢永吉 著  日経BP社 p.284 より引用)

 私はこれまで矢沢永吉というロック歌手のことをよく知らなかったのですが、この本を読んで、とても興味が湧きました。一番、共感したのは、p.136に書かれているのですが、

 「音楽を書きながら経営者になるアーティストがいないんならオレがなってやるよ。音楽をやるヤツは経営者になっちゃいけないなんて誰が決めた?そんなのは都合がいい連中がつくった幻想にしかすぎない。」

というスタンスです。彼はかつて、自分が本当に表現したいことを中間業者に歪められたり、暴利を貪られたり、その結果ファンに迷惑をかけた経験を持っている。自分自身も大きな損害を受けてきた。だからこそ、自分自身が音楽だけじゃなく、経営面や著作権・肖像権、ならびにコンサートの運営などの管理についても、トータルで責任をもって管理していかなきゃいけない、と気づいたそうです。一人で何役こなせばいいの?という世界です。

 自分がめざすビジョンを実現するためには、とてもマクロな視点でものごとを考えていく必要があると思います。特に、共同作業で仕事をするというのは、結局一番力が小さな人に基準が合ってしまいますよね。ちょうど、入り口が大きなトンネルでも出口が小さければ、結局小さなモノしか通せないのと同じです。だから、時にはその出口を大きくするのに協力したり、場合によってはトンネルそのものを作り直さなきゃいけないことも出てきます。ただ、それはもの凄く大変なことだし、途中で諦めたくなることもあると思います。

 そのときに大切なことは、「自分がやりたいことを実現させるためにやっているんだ」というスタンスを持ちつづけることではないでしょうか。「誰かのために」とか、もちろんそういう部分もあるのでしょうが、結局のところ、「自分のためにやっている」というのが根っこにないと、その誰かがいなくなったときに、プッツリ切れてしまうような気がするのです。そして、自らが実践を重ね、戦いつづけることがハピネスにつながるのではないでしょうか。

|

Vol.27 『"サービス"はデフレでも値下がりしない。』

 今、日本はデフレスパイラルに入り、ますますお金を使いにくい環境になっていると言われています。デフレとは、簡単に言うと「お金の価値が上がって、モノの価値が下がる」ことで、例えば「土地や株などの資産価値が減る→それを担保に借金をしている人は担保割れして返済を迫られる→返済するお金を用意するためにモノを買わなくなる→物価が下がり会社の業績が下がる→賃金が下がる→ますますモノを買わなくなる」という悪循環に陥っていることをデフレスパイラルといいますね。

 そこで、ふと考えました。「世の中の商品は、すべて値下がりしているのかなあ?」

 どうもそうとは限らないようです。例えば、今年に入って何年かぶりにコンサートに行きましたが、チケットは数年前と比べ格段に高くなっていました。プロレスなどの格闘技のチケットも同様でした。私がよく行くマッサージも、結構いい金額をとられます。よく考えたら、私が提供しているコンサルテーションも基本的に下がることはありません(中には価格を下げている人はいるようですが)。

 他にも値下がりせずに逆に値上がりしている商品はありますが、共通していることは、いずれも「それを欲しがっている人がいる」ことと「それがマンパワー(人手)を必要とする商品(サービス)である」ということです。

 マンパワーが必要な場合、効率化しにくいため、値下げができません。いや、できないことはないのですが、それをやったら自分で自分の首を締めてしまいます。すると、どうすれば良いかというと「値下げをするのではなく、付加価値を高めて値上げをする(または少なくとも現状維持)」しかないのです。知恵を絞って、どんどん進化していくしか生き残る道はないと思います。ということは、その上でサービスが効率化できたら、ますます競争力は高まるでしょうね。

 そういう意味では製造業や小売業も、デフレ時代で勝ち残っていくには、そのような発想で進化し続けていくことが大切なのだと改めて思います。

|

今月の本棚 【2001年6月】

1)「10秒間@マネージャー」
マーク・ブライアー + アーミン・A・ブロット/日本経済新聞社

スピード経営における会議運営の事例は、参考になりました。

2)「となりの億万長者」
トマス・J・スタンリーウィリアム・D・ダンコ 著 /早川書房

億万長者になるには、お金と時間のマネジメントに加えて 自制心が大切なんですね。

3)「アー・ユー・ハッピー」
矢沢永吉 著/日経BP社

誰かに依存せず、自分の手で稼いで、自分の生き方を決められる人生こそがハッピー!

4)「失敗を楽しもう 」
中谷彰宏 著/ダイヤモンド社

失敗の味を知っているからこそ、成功の味が格別なんですね。

5)「キャッシュフローで会社を強くする」
大竹愼一 著/フォレスト出版

売掛金の回収、在庫の効率化、減価償却や不動産の扱いに気を配ることが大切ですね。

6)「ユニクロ急成長の秘密」
江七実 著/あっぷる出版社

基本の徹底と、業界外のトップ企業をモデルにすることが 成長の秘訣のようですね。

7)「ユニクロ方式」
岡本広夫 著/ぱる出版

8)「ユニクロ 柳井正」
岡本広夫 著/ぱる出版

9)「「週末起業」これで私もお金持ちかも」
藤井孝一 著/中経出版

週末起業を行う際の3つのポイントと具体的な実践例・成功例が分かりやすいです。

10)「探す力」
原野守弘 著/ソフトバンクパブリッシング

|

« 2001年6月 | トップページ | 2001年8月 »