« Vol.26 『"やらなきゃ(ビクビク)"は先送りされ、 "いい感じ(ワクワク)"ならスグやれる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年6月】 »

2001年6月 1日 (金)

Vol.26 『たくさんタネをまく。』

赤ちゃんを産むには10ヶ月かかります。これが時間の原則です。どんなにスピードアップしても、産むのに10ヶ月かかる赤ちゃんを1ヶ月で産むことはできません。でも、10倍にスピードアップすることはできます。10ヶ月で1人しか生まれないとしたら、10人の恋人がいれば、10ヶ月後に10人の赤ちゃんを産むことは可能です。結果的に、1ヶ月に1人という計算になります。これが「10倍のスピード」の考え方です。タネは早くまかなければなりません。

( 『大人のスピード時間術』 中谷彰宏 著  
ダイヤモンド社 p.51 より引用)

 この事例は、極端なことを言っているような気もしますが、本質をついていると感じます。同時並行でいくつも仕事をこなしている人は、たくさんのタネをまいて、仲間の協力を得ながら着実に進行させているようです。これを一人で抱え込んで1から10までやっていたら、なかなかこうはいかないかも知れません。

 私自身、1年前と今を比べると、仕事のボリュームは2倍以上になっています。それでもなんとか対応できているのは、パートナーの協力を得て、同時並行的に仕事をこなしているからです。これが、もしいつまでも1人で仕事を抱え込んでいたら、きっとパンクしていたに違いありません。

 また、自分の中で意識していることとして、「投げられたボールはスグに返す」ようにしています。つまり、「メールを受け取ったらスグ返信する」「相談を受けたらその場で返答する」「宿題を頂いたらその日のうちに提出する」「会議を行ったらその日のうちに議事録を送信する」などです。もちろん全てがその通りにできるとは限りませんが、それを心がけることで自分の負担を減らしているのです。ちょっとでも貯め込んでしまうと、どんどんプレッシャーが大きくなって、意欲が落ちて、スピードが落ちて・・・と悪循環に入ってしまいます。常に自分の受け皿を空っぽにしておくと、精神的にラクですし、スピーディーな対応が可能になります。

 「たくさんタネをまく」「ボールをスグに返す」を実践するためには、おそらく「2歩、3歩先を見て、逆算で今を考える」というクセをつけておくことが大切だと思います。なぜなら、予想もしないことに対処するには当然時間がかかってしまいますし、ビジョンがなければタネをまきようがないからです。私は少なくとも月1回、できれば週1回は、じっくりと先のことを考える時間を確保して、先手のアクションを打てるようにしようと心がけています。

|

« Vol.26 『"やらなきゃ(ビクビク)"は先送りされ、 "いい感じ(ワクワク)"ならスグやれる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年6月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事