« Vol.25 『自分が出したアイデアを漏れなく実践する。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年5月】 »

2001年5月 1日 (火)

Vol.25 『成功している今の自分が、将来の自分を励ます。』

「使っていないノートか日記帳を用意して、これに『サクセスダイアリー』という名前をつけるんだ。そうして君がやって成功したことを、みんなそのなかに書き込むんだ。できれば毎日書くこと。成功したことをすくなくとも5つ。ほんの小さなことでいいんだ。はじめは大変かもしれないね。こんなことが成功って言えるのかどうか悩むと思うよ。でも迷ったときは、いつも成功のほうに数えればいいんだ。自信はなるべくたくさんつけたほうがいいからね。

(『イヌが教えるお金持ちになるための知恵』  ボード・シェーファー 著  
草思社 p.58 より引用 )

 仕事上でもプライベートでも、新しいことに挑戦するときは、とても勇気がいります。また、ある程度の「自分に対する自信」も必要ですよね。ただ、常に自分に自信を持っていられる人というのは、どのくらいいるのでしょうか。もちろん、はたから見たらいつも自信に満ち溢れて見える人っていますよね。しかし、そんな人でもきっと、時には落ち込んだり、自信を失ったりすることはあると思います。

 私自身、今でこそ多少はコントロールできるようになりましたが、もともとは感情の波がとても大きいタイプでした。ですから、落ち込んだときには、よく周りの人に励まされ、支えられてここまでやってきました。

 そんな私でも、経営者の立場になると、「そうそう泣き言も言っていられない」という自負と、「そこまで落ち込む前に予防策を打とうとする」知恵が出てくるため、以前に比べると感情の波も少なくなったように思います。

 それでもなお、自信が無くなるときはあります。新しいことに挑戦して失敗が重なったりすれば、やはり落ち込みますよね。そこで、この本で紹介されている「サクセスダイアリー」がとても有効だと思い、1ヶ月前から私も始めています。
 成功と言うにはおこがましいようなこと、例えば「プリンターの調子が悪くなったため、新型の高速プリンターを買うきっかけができ、生産性がアップした」とか「○○さんから、ありがとうと言われた」など、ちょっとしたことを1日1つ以上、1行で書き溜めています。

 これは、ある意味、「成功している今の自分」が、「自信を失いかけている将来の自分」を励ます行為だと思って、地道にコツコツやっています。
 1年後にたくさんのサクセス記録を読み返すことを楽しみにしながら・・・。

|

« Vol.25 『自分が出したアイデアを漏れなく実践する。』 | トップページ | 今月の本棚 【2001年5月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事