« 2001年2月 | トップページ | 2001年4月 »

2001年3月

2001年3月 1日 (木)

Vol.23 『行けば、分かる。』

「俺は道を歩かない。俺の歩いてきたところが道なんだと思っている。」アントニオ猪木は、自分の足跡を、太い確かなメインストリートにしてきた。その道は、自分にとってのメインストリートだけでなく、プロレス界のメインストリートでもあった。

(『猪木イズム』 アントニオ猪木 著  サンクチュアリ出版 p.74 より引用 )

 子供の頃から、格闘技を観て育ってきた私は、戦う姿に対する憧れを人一倍持っています。プロレスでも、小さい日本人レスラーが、大きくて筋肉隆々の外国人レスラーに果敢に向かっていく姿に惹かれました。今思えば、「困難な相手(目標)を達成しようとしている姿」に感動していたのでしょう。

 サラリーマン時代は、上から仕事と場所を与えられ、その中で努力すれば良かったのですが、経営者になると、自分で仕事と場所を創っていく必要が出てきます。その過程では、前例がないこと、初めて経験することが必ず発生します。

 そういう場面で人はどうしているのかを見ると、2通りの人がいるようです。Aさんは、先に前例を探して、それを模倣します。一方、Bさんは自分なりのやり方をまず考えてみて、その上で前例があればそれを参考にします。つまり、「自分の頭での組み立てが後か先か」の違いです。

 先に前例を見ると、それに自分の考えを支配されることがあります。なぜなら、自分の頭でじっくり考えることをしていないので、判断する「基準」がないからです。もし前例がないようなら、その時点であきらめてしまうかも知れません。

 逆に、まず考えた上で前例を探すならば、「前例がないのだから自分の考えの通りに動けば良い」ことになります。

 そこまで分かっていても、最後には勇気が必要ですよね。誰でも失敗は恐いですから。だからこそ、何度も考え抜いて、その上で最終的には「行けば、分かる。」と割り切って走り出してしまうのが一番納得できる生き方ではないかな、と最近つくづく思います。

|

Vol.23 『コミュニケーションは"血液"と同じ。 途切れれば死んでしまう。』

 入社してすぐに新入社員研修を受けたとき、とても印象的だった講師の言葉があります。 「会社組織ではホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談の略称)が大切です。企業におけるホウ・レン・ソウは人間の体内における血液のようなもので、きちんと流れないと死んでしまうのです。」その頃は、一般論として"分かったつもり"でいました。
 「そりゃあ、きちんと報告がなされなければ、小さな問題が大きくなってお客様に迷惑をかけたり、信頼を落とすから、会社の存続はできなくなるよな~」
 しかし、今ではその頃とは違った意味で、コミュニケーションの大切さを実感しています。今の厳しいご時世に成長を続けている企業に共通する点は、「社内の上下・左右間のコミュニケーションが良い」ということです。なぜそうなのかを私なりに考察してみます。

 コミュニケーションがとれている企業では、

1) 仲間に対して不要な遠慮をしない。助けてもらいたい時は、タイムリーにアラームを鳴らすことができる。よって、お客様の要求にスピーディーに対応していける。(コミュニケーションがとれていない会社は、何でも自分で抱え込み、報告も遅れ、仕事が後追いで余裕がない)
2) 経営者は、会社の現状(業績、資金繰り状況)を包み隠さず社員に伝えることができ、その結果1人1人の社員が経営者的発想で前向きに対策を考えはじめる。(コミュニケーションがとれていない会社は、経営者が一人で悩んで精神をすり減らし、肝心なところにエネルギーを割けていない)
3) お互いに声を掛け合い、励まし合うことで、士気が高まる。「協力し合って目標を達成しよう」という思いやりの空気が生まれ、生産性がアップする。(コミュニケーションがとれていない会社は、各自が個人プレーなので、規模のメリットが活かされず、効率が悪い)

 などが思い当たります。あなたの会社は、いかがですか?

|

« 2001年2月 | トップページ | 2001年4月 »