« 2000年12月 | トップページ | 2001年2月 »

2001年1月

2001年1月 1日 (月)

Vol.21 『ムダ遣いって、何ですか?』

金持ち父さんは「それを買うお金はない」という言葉を口にしてはいけないと教えてくれた。貧乏父さんがいた私の家では、耳にするのはこの言葉ばかりだった。金持ち父さんは「それを買うお金はない」という代わりに「どうやったらそれを買えるようになるか?」と子供たちに自問させた。金持ち父さんに言わせるとその理由は、「それを買うお金はない」という言葉が脳の働きを止めてしまうからだ。つまりそう言ってしまえばそれ以上は考えなくてすむ。一方、「どうやったら…?」という問いは脳を働かせる。答えを探すために脳は考えざるを得なくなるのだ。

(『金持ち父さん 貧乏父さん』 ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 著  
筑摩書房 p.223 より引用 )

 私も含め、多くの人は子供の頃から「ムダ遣いをせずに貯金しなさい」という呪文を繰り返し聞いてきたと思います。確かに「ムダ遣い」はしない方が良いし、万一に備えて貯金をした方が良いとも思います。しかし、よく考えると不思議ではないですか?
 「ムダ遣いとは、何をもってムダなのか?」「貯金をするのは、いつまでにいくら貯金をしたら、安心して買い物をして良いのか?」という肝心な根拠が欠けているような気がするのです。

 この本を読んで、私は「今までいかに根拠のない言い訳をしてきたか」に気づかされました。モノを買わないとき、「お金がないから」というラクな言い訳がすぐに出るのですが、本当は「必要と思っていないから」なのでしょうね。その必要性に納得し、それを買うためにどうすれば良いかを考える努力ができるなら、きっと買えば良いのだと思うのです。

 私は、最近流行りのボディマッサージを月1回くらい受けており、デスクワークで凝った肩や背中、足の裏をほぐしてもらいます。1時間で6千円程度の支出は、ある人に言わせれば「ムダ遣い」になるかも知れません。しかし、それによって気分転換ができ、さらに働く意欲を増進させられるのであれば、効果的な投資になります。もしそこが結びついていないと「ムダ遣い」になりますが…。

 おそらく私を含め多くの人は、何かが欲しくて支出の意思決定を迫られた場合、無意識に安易な道を選びがちでしょう。つまり、「ガマン」します。しかしそれは発展をもたらしませんし、ワクワクしませんね。それが本当に欲しいのなら、意識をして「思い切って支出をする」道を選び、その分、脳に汗をかいてそれを手に入れる努力をすることも重要なことなのではないでしょうか。

|

Vol.21 『目先の"欲望"と"恐怖"に 支配されない環境づくり。』

 経営者や先生などリーダーとして人を導く立場にある人は、『どれだけ自己管理ができるか』がとても重要なポイントになると思います。自己管理とは、簡単に言えば『目標達成のためにやると決めたことを、きちんと実行すること』つまり、有言実行できることだと私は考えています。受験生なら受験勉強、やせたい人ならダイエット、営業マンなら営業活動を、『これだけやればゴールに到達できるだろう』というレベルで目標をかかげ、実行することです。目標と実行のどちらが欠けてもゴールには到達しないでしょう。

 しかし通常は、目標を決めてからゴールまでの間に、さまざまな感情が自分を襲ってきます。そのときの基軸となるのは、"欲望"と"恐怖"ではないでしょうか。例えば受験生なら、「ちょっと勉強をサボってデートに行きたい」という欲望と、「頑張ってはいるものの、本当に合格するのだろうか」という恐怖が常に襲ってきます。感情に支配される人は、そこですぐにくじけてしまいます。

 私もこれまでの経験として、目標を掲げた瞬間は「よし、やれる!あとはこの通りにやるだけだ」と奮起するのですが、日々時間が過ぎていくにつれて、その高い志が日常に埋もれ、いつの間にか感情に支配されているということがよくありました。その度に私は自己嫌悪に陥るのですが、なぜそうなってしまうのかを考えたところ、以下の2つの原因に行きつきました。

1."欲望"と"恐怖"という感情が、常に自分を支配しようと襲い掛かってくる事
2.そして、実は「自分はとても弱い」という事

 問題の原因が分かれば、対策は簡単です。要はゴールに達するまで軌道がずれない環境を積極的につくっていけば良いのです。つまり、タイムリーにチェックが入る環境づくりです。自分が弱く、だからこそ周りの協力が必要であることをお互いが認識していれば、その組織はとても強い力を発揮するのではないでしょうか。

|

« 2000年12月 | トップページ | 2001年2月 »