« Vol.16 『良いと思ったら、まずやってみる。』 | トップページ | Vol.17 『できるようになるためには、勉強だけでなく、 トレーニングをしなきゃダメ。』 »

2000年8月 1日 (火)

Vol.16 『理念が指針となり、組織に活力を与えているか。』

つまり、フィリップ・モリスの理念を好ましいと感じたり同意するかどうかは、フィリップ・モリスの社員でないかぎり、重要ではない。社外の人間がメルクやマリオット、モトローラ、ディズニー、HPの理念に同意するかどうかも重要ではない。結論を言うと、重要な問題は、企業が「正しい」基本理念や「好ましい」基本理念を持っているかどうかではなく、企業が、好ましいにせよ、好ましくないにせよ、基本理念を持っており、社員の指針となり、活力を与えているかどうかである。

(『ビジョナリーカンパニー』 ジェームズ・C・コリンズ/ジェリー・I・ポラス 山岡洋一 訳
日経BP出版センター p.115 より引用)

 「言っていることとやっていることが一致している人」というのは、多くの人から尊敬されますよね。これは実はとても大変なことで、人は調子が良いときはそれが出来ても、調子が悪いときは、つい楽な方に流れがちです。また、甘い話があれば、目先の密を吸いにいきたくもなります。私も同様で、もともとはその時々の精神状況でブレやすい性格です。ただ、経営者やコンサルタントの仕事は、信頼関係が大切ですので、あまりブレが大きいと従業員や取引先に不信感を与えますし、気づいたら誤った方向に進んでしまっていた、という恐さもあります。
 そこで、私は常に平静を保ち自分を見失わないようにしようと、数年前から自分自身の理念を紙に書き、自分の潜在意識に植え付けるようにしてきました。初めは頭(理屈)で考えているせいか回りくどい表現で、腹に落ちきっていませんでした。しかし、意識し続け経験を重ねることで、徐々に自分の中に入っていったような気がします。

 そして、自分が独立し、1人で仕事を始めていく過程で、理念の大切さを改めて実感しました。これがあるおかげで、自分のクライアントに対するスタンスや仕事へのこだわり、優先順位づけなどがはっきりしました。もし、理念が曖昧なままであったら、特長のない「なんでも屋」になっていただろうと思います。頭で考えていた理念が、経験を通して心にスっと入ってくるまでには、いろいろ試行錯誤はありました。それでも、おそらく最短コースで目標に近づく一助になっていると感じます。ちなみに私の経営理念は、「ワクワク感動できるコンサルティング」です。クライアントはもちろん私自身もワクワクしたいです。

 表記の本でも語られているように、理念の中身がどうか、よりも、「それにこだわり実践し、周りに浸透させるパワーがあるかどうか」がとても大きなポイントだというのも、よく分かるような気がします。

|

« Vol.16 『良いと思ったら、まずやってみる。』 | トップページ | Vol.17 『できるようになるためには、勉強だけでなく、 トレーニングをしなきゃダメ。』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事