« Vol.12 『Eメール≒TELor面会、Eメール≠FAXor郵送物』 | トップページ | Vol.13 『感情で判断し、理性で納得する』 »

2000年4月 1日 (土)

Vol.12 『目標を声高に宣言する。』

私は、目標というのは、大きく声を出して言った方がいいと思っています。なぜなら、それが仲間を集めるサインになるからです。
(中略)
数字はあくまでも目安に過ぎません。大切なのはその数字を達成していくプロセスの中で、自分たちの人間性を向上させ、より多くの方々を巻き込み、より大きな感動を与えていくことです。

(『前略…。』 渡邉美樹 氏 東洋経済新聞社 p.174 より引用)

 4月は、月初に出版されたこの書籍だけでなく、名古屋の講演会でも著者のお話を聞くチャンスがありました。著者がよく口にされ、私もとても大切なことだと感じている言葉に「夢に日付を」があります。特に、「日付を"自分が主体的に"入れる」ことによって、夢が夢で終わらず、現実になるということも、経験上確信しています。

  さらに、それを自分の胸の内に秘めておくのではなく、積極的に周囲の人たちに宣言することで、それに共鳴した人たちが協力をしてくださることも多々あります。その目標が人をワクワクさせるものであれば、従業員はもちろんのこと、従業員の家族、下請業者、取引先など、多くの関係者を巻き込むことができると思います。

 よく数字の目標を打ち出すと、「つるし上げられる材料として使われそうだ」と発想する人もいるようですが(特に営業主体の会社では)、それは「目標に根拠がないから」ではないでしょうか。明確な根拠(賞与を厚くしたい、自社ビルを建てたい、無借金経営にしたい、など)があれば、「つるし上げ」ではなく、「皆で協力して必達しよう」となるはずです。

  ただ、よく陥りがちなケ-スは、「目標を達成することだけを考え、その達成にいたるプロセスを楽しまない」ことです。私は、ゴール(目標達成)もプロセスも両方大切だと考えています。マラソンと同じで、ゴールに達成する過程にドラマがありますし、その結果にもドラマがあると思います。

 人生何十年の長期的な視点に立ち、1日1日が貴重であり、決して無駄にできないものだとするならば、自ら目標を打ち立て、それに向かって全力投球することで、中身の濃い日々を過ごすことができ、それを見ている周りの人たちの心も動かしていくのではないでしょうか?例えば企業における事業計画も同様で、過去の延長上で考えるのではなく、今を起点に「どうなればワクワクするか」と発想して組み立てたいものですね。

|

« Vol.12 『Eメール≒TELor面会、Eメール≠FAXor郵送物』 | トップページ | Vol.13 『感情で判断し、理性で納得する』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事