« Vol.11 『"感動"が人を動かす』 | トップページ | Vol.12 『Eメール≒TELor面会、Eメール≠FAXor郵送物』 »

2000年3月 1日 (水)

Vol.11 『速く仕掛け、早く終わらせよう。』

長引かせた戦争は必ず負けます。正しい戦い方は、速く攻めて、早く終わらせることです。早く終わらせることは、みんなが難しいと感じていてなかなかできることではありません。
                    (中略)
資源も領土も何も持たない国が勝つためには、5%のアイデアと95%のスピードで戦うしかないのです。

(『スピードサービス』 著者:中谷彰宏 氏 ダイヤモンド社 p.137 より引用)

 スピードが付加価値を生み出す時代になりました。 今の時代、少しの経費をケチって1時間立ちっぱなしで電車移動をするよりも、指定席を買ってゆったりと車内で仕事をしたり、考え事をしたり、体を休めリフレッシュしたりした方が、トータルで見て生産性が高い場合があります。これは、自分の時給からはじき出される付加価値単価(1時間当たりに生み出すべき付加価値)を考えればすぐに分かることです。

  スピード感覚は、人によってまちまちです。一般的には都会の人ほど速く、地方の人ほどゆっくりしていると思います。速い人が遅い人に合わせることは出来ても、遅い人が速い人に合わせることは大変です。しかし、交通手段や通信技術の発達で"距離感"の機軸が「物理的な距離」よりも「時間的な距離」を重視するようになった今、住んでいる場所に関係なくスピード感覚は求められてきたことを実感します。

 そういう背景をふまえ、最近思うことがあります。「自分のスピード感覚が3倍早くなれば、(ビジネスマンとしての現役期間に変わりがなければ)3倍ものボリュームの経験を積むことができ、その分成長できる」ということです。3倍働けば、理屈上は通常の3倍の収益が上がるでしょうから、方向性さえ間違えなければまずお金に困ることはないでしょう。さらに、面白いアイデアを事業化して軌道に乗り、それを他社がマネをし始めた頃には自分の方から先に飽きて次のことを始められたら恐いものなしです。つまり、「速く仕掛けて、早く終わらせ、再び次のことを速く仕掛ける」のです。こんなサイクルに乗っかることが出来れば毎日ワクワクできると思いませんか?
これは、言い換えればplan(計画)→do(実施)→see(見直し)のサイクルを高速で行うということでもあります。

 このようなスピード感覚を身に付けることが出来れば、仮に失敗をしても早くリカバリーできます。いずれ失敗することなら、5年後よりも明日失敗して、1日も早くそこから学びリカバリーした方が明るい未来が待ち構えているという考え方もできるように思うのですが、いかがでしょうか?

|

« Vol.11 『"感動"が人を動かす』 | トップページ | Vol.12 『Eメール≒TELor面会、Eメール≠FAXor郵送物』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事