« Vol.7 『創造とは発散の中により多く出現する。』 | トップページ | Vol.8 『予測できないことを、予測しやすくする。』 »

1999年12月 1日 (水)

Vol.8 『気が乗らない仕事は、"15分だけ"とりあえずやる。』

 仕事には、「何をさておいても、スグに着手したくなる仕事」と「できれば後回しにしたい仕事」があります。前者は、たいてい得意であるか好きな仕事ですが、後者は苦手分野もしくは何 かやっかいな要素を含んでいます。しかし、どちらも納期は決まっており、それまでに仕上げなく てはなりません。
客観的に考えれば、締め切り近くにバタバタしてやるよりも、余裕を持って手をつけておいた方 が良いことは間違いないでしょう。先手を打ってやっておけば、精神的な余裕もあり十分な検討も できますし、やっつけ仕事にありがちなケアレスミスも減ると思います。

 しかし、実際には「それは十分わかっているけど、やれないものだ」というのが本音ではないで しょうか?私自身、学生時代、夏休みにはギリギリになって宿題に追われていましたので・・・。
そこで、私がこのところ心がけていることを1つご紹介します。それは、

気が乗らない仕事は、"15分だけ"とりあえずやる

ということです。

効用として、以下のようなことがあります。

1) はじめから「15分だけ」と決めているので、ムリなく手をつけられる。
2) ちょっとしたすき間時間にやれる。
3) 15分という制約時間のおかげで、集中して取り組める。
4) 集中して取り組んだ15分のおかげで、それ以降もその課題に関するアンテナが張り、 その続きの仕事が楽になる。

 また、これを実際にやると、「15分を超えてしまったけど、調子に乗ってきたので、もう少しやろう」という気になり、気がついたら30分、60分、90分・・・とそのまま勢いで最後までやって しまうことも、しばしばです。結局、はじめる段階のエネルギーをいかに発揮するか、が鍵なので はないでしょうか。

|

« Vol.7 『創造とは発散の中により多く出現する。』 | トップページ | Vol.8 『予測できないことを、予測しやすくする。』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事