« Vol.3 『人脈と情報は、公開するほど増えてくる。』 | トップページ | Vol.4 『同じことを多角的に学ぶと、早く身につく。』 »

1999年7月 1日 (木)

Vol.3 『死んでも"やるべきこと"はなくならない』

あなたがどんな肩書きをもち、どんな仕事をしていようと、自分の幸せと愛する人たちの幸せがなにより重要だということを忘れてはいけない。すべてをやりとげることにこだわるかぎり、心の平和は訪れない。ほとんどのことは待ってもらえる。仕事のうえで本物の「緊急事態」と呼べるものなんて、めったに起きないのだから。人生の目的は、すべてをやりとげることではなく、その一歩ずつの過程を楽しみながら、愛情のある暮らしを送ることにある。

(『小さいことにくよくよするな!』 著者:リチャード・カールソン 氏
サンマーク出版 p.28 より引用)

 現代の忙しい(忙しくしている)ビジネスマンに対する、的を射た警告ではないかな、と思い ます。奥さんを放っておいて、「仕事なんだから仕方がないだろ」と仕事に没頭し、仕事を「や り終えること」を目標にして、「終わった!」と思った頃には次の仕事が目の前に山積していて、 結局その繰り返し。「いつになったら、ノンビリ家族と過ごせるのか??」と首をひねる。そう いう人は多いのではないでしょうか。私自身も同じです。今でこそ、この本を読んで気づかされ、 できる限り気をつけるようにはしていますが…。

 仕事を効率的に行う努力はもちろん大切で、それにより「仕事を早く終わらせること」は良い ことだと思うのですが、それ自体が目的になってしまったら、つまらないような気がします。 仕事とは、精一杯努力して人のお役にたつことで、「ありがとう」の一言を頂き、その結果自 分の存在価値が高まっていくところに「仕事をする喜び」があり「意義」があると私は考えてい ます。だとしたら、1つ1つの仕事を早く終わらせることばかり考えて、「適当にこなす」とい うのは本末転倒です。本来、「良い仕事をする」ことが前提にあるのであって、その手段につい ては「仕事の仕方を改善して効率的にやる」「人に助けてもらい早くやる」「(納期が迫っていな ければ)仕事を進めるペースを落す」「そもそも"本当にやる必要がある仕事なのか"を見直し、 場合によってはやめてしまう」など、いろいろ考え方があると思います。

 そうやってあれこれ考え、「仕事をもっと楽しもう!」と決めてしまうと、考え方が前向きに なります。家族との時間もはじめから予定に組み込んで、たとえば忙しくても旅行の予定を組み 込んでしまうなどの冒険(?)も、意外とやってみればできてしまうことが分かります。

 このことは最近の私自身のテーマなのですが、皆さんはいかがでしょうか。

|

« Vol.3 『人脈と情報は、公開するほど増えてくる。』 | トップページ | Vol.4 『同じことを多角的に学ぶと、早く身につく。』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事