« Vol.2 『目標が見えると、動きがよくなる。』 | トップページ | Vol.3 『人脈と情報は、公開するほど増えてくる。』 »

1999年6月 1日 (火)

Vol.2 『"ぶった切り"の発想』

昔、アレキサンダー大王というのがいただろう。彼にまつわる逸話は多いが、「ゴルディオスの結び目」という話を知っているだろうか?ゴルディオスという王様が、紐で絶対とけないような結び目をつくって、旅人の通るところに置いたんだ。「これをほどいた者はアジアの盟主になることができる」と書いて。で、そこを通る旅人は、みんな一生懸命ほどこうとするけど、ほどけない。そこへ若きアレキサンダーがやってきて、どうしたか?おもむろに剣をとりだし、その結び目をスパッとぶった切ってしまたんだ。「これで、どうだ」と。で、結局、彼は世界を征服したわけだろう。その発想なんだ、いまの時代に必要なのは。

(『「豚」の人生「人間」の人生』 著者:落合 信彦 氏 小学館 p.105 より引用)

 この話は、「コロンブスのたまご」にも似ていますね。つい、これまでの延長線や固定概念で モノを考えてしまいがちです。しかし、これまでと前提条件が違う今日、1つ1つのことを疑っ てかかるクセをつけることもとても大切なように思います。上の話で言えば、「本当に地道にほ どく必要があるのか?」という視点を持てるかどうかが分岐点ですね。目的を「紐をほどく」 とするか、「紐を2つに分離する」とするかの違いで、無駄な労力をかける必要がなくなります。

 例えば、これを経営活動や日常業務に置き換えたとき、当たり前のようにやっていること1つ 1つが「本当に必要なことなのか」「本当にそのやり方がベストなのか」と突き詰めていくと、 案外"無駄"(と言うと言い過ぎかも知れませんが、少なくとも"非効率")なことにエネルギー を費やしていることが多いように思います。私は自分自身の自戒として、こういうことを避ける ために、心がけていることがあります。

     1) 視点を頭上3mくらいのところに置くこと

     2) 信頼できる周りの仲間の客観的な意見を聞くこと

     3) 取り組む前に、深呼吸をすること

 これらは、私自身がもともと視野が狭くなりがちな傾向があるため、それを避けるための防衛策です。「弱いからこそ、強化するチャンスが得られる」と考えると、それも強みになるのでは、と良い方に考えるようにしています。

|

« Vol.2 『目標が見えると、動きがよくなる。』 | トップページ | Vol.3 『人脈と情報は、公開するほど増えてくる。』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事